>ヨーグルトに含まれる乳酸菌は人によって合う、合わないがあるの? | 暮らしの便利!生活の知恵発見!

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は人によって合う、合わないがあるの?




ヨーグルトには乳酸菌と言われる「菌」が含まれていて、乳酸菌の中にもたくさんの種類があります。話題の「菌活」でもヨーグルトは外せない食品でもあります。主な種類を菌種別に期待できる効果を紹介していきます。

Q1. 乳酸菌は人によって合わないってホント?

A. 体質などにより乳酸菌の種類によって合う、合わない(効果が出にくい)があります。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌の主な効果として

  • 便秘予防
  • ダイエット効果
  • インフルエンザ予防
  • 花粉症などのアレルギー予防の緩和  などがあります。

スーパーやコンビにで見かけるヨーグルトの商品はほんの一部の商品であり、全ての商品を含めると800種類以上とも言われています。

ご自分に合うヨーグルトを見つける為にも、食べきりサイズの商品を数種類ごとに変えながら試すのが一番です。

また、ヨーグルトを1日に食べる量や、食べるタイミングも重要になります。

菌活 ヨーグルトは食べるタイミングで効果を発揮します!

Q2. 種類別にみる主な乳酸菌の効果は?

テレビCMなどでも宣伝されているので、聞いた事や見た事がある方も多いのではないでしょうか。

2-1. 乳酸菌シロタ株

ヤクルトを創設した代田博士氏が発見した乳酸菌で腸内環境を改善する効果が期待できます。別の呼び方で「ヤクルト菌」とも言い免疫力向上に期待できます。

2-2. LG21乳酸菌

明治乳業が発見した菌で、ピロリ菌の活動を抑制する効果が期待できます。

2-3. ガゼリ菌SP株

雪印メグミルクが発見した菌で、腸内で定住する事ができる乳酸菌です。コレステロールを減少させてメタボを改善する効果が期待できます。

2-4. ラブレ菌

京都の漬物のお店で発見された乳酸菌で、免疫力を高める効果に期待できます。

2-5. KW乳酸菌

別名:KW3100株とも呼ばれる菌で、Th2細胞を抑制し免疫細胞のバランスを整えてくれ、アレルギー症状の改善・緩和を助けてくれる乳酸菌です。

2-6. ビフィズス菌

腸内にある善玉菌のほとんどがビフィズス菌で、悪玉菌を退治してくれる酢酸を作り出します。さらにビフィズス菌はビタミンなどを作ってくれる為、お腹に最適な菌と言えます。

2-7. ガネデン乳酸菌

ガネデン乳酸菌は、腸内環境を整えて脂肪を燃焼させやすい体質にサポートしてくれるのに有効とされる菌です。フィットネスをされている方には、知られた菌でもあります。

2-8. リフレクト乳酸菌

別名:「T-21株」とも呼ばれ、花粉やアレルギー症状を抑える物質を作り出す力が高い乳酸菌です。

1ヶ月程度とり続けただけで効果が確認されているそうです。

Q3. 動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違いは?

A. 菌の棲む場所で「動物性乳酸菌」と「植物性乳酸菌」に分けられます。

乳酸菌は自然界でもあらゆる場所に生息している菌です。

植物性乳酸菌は他の菌と共存する事で分解されにくくなり腸まで届きますが、反対に動物性乳酸菌は他の菌と共存しない為胃酸に弱く、分解されやすいのが違いと言えます。

分解後の動物性乳酸菌も吸収後の働きや、善玉菌のエサにもなるので、植物性も動物性も必要な菌になります。その為それぞれの乳酸菌をバランス良くとる事が大切です。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク