>春菊(シュンギク)栽培の特徴!上手に発芽させるには? | 暮らしの便利!生活の知恵発見!

春菊(シュンギク)栽培の特徴!上手に発芽させるには?

鍋には欠かせない香りの高いシュンギクは家庭菜園初心者の方でも育てやすい野菜で、病害虫の心配も比較的少なく、プランター(コンテナ)栽培でも畑でも栽培できるおすすめの野菜です。シュンギク栽培のコツをまとめてみました。



1. 春菊(シュンギク)栽培の特徴

栽培適温:15℃~20℃

栽培環境:暑さと寒さに強い

連作障害:2年以上あける

栄養:ビタミンC・カリウム・カルシウム・カロテン

種まき時期:春まき(4月~5月) ・ 秋まき(9月~10月)←おすすめ

害虫対策:防虫ネット・寒冷紗でトンネル栽培をしたほうが安心です。

1-1. シュンギク栽培のコツ

  • 秋まき栽培は失敗が少なく育てやすい。
  • 冬の寒さが厳しい時期はビニールトンネルや寒冷紗を利用します。
  • シュンギクの種は、好光性種子なので種まき後の土は薄めにかぶせます。
  • 秋まきでは長期収穫ができます。

2. 「秋まき」で育てるプランター栽培がおすすめ!

シュンギク栽培は種をまく時期が

  • 春まき:種まき時期 4月~5月
  • 秋まき:種まき時期 9月~10月

秋まきは寒さにも強く、気温が下がるとやわらかく美味しいものが収穫できるので家庭菜園初心者の方にはおすすめです。

春まきは、日が長くなったり、気温が上がると生長が止まり「とう立ち」しやすくなります。春まき栽培では、収穫はとう立ち前が目安となります。

3. プランター(コンテナ)栽培は育てやすいの?

A. シュンギクはプランター(コンテナ)で育てやすい野菜の一つです。

深さ10cm以上のプランターを準備して用土を入れたらたっぷりと水をかけてから、深さ5mm程度のスジを入れて種をまきます。

種をまいたら新聞紙を1枚かぶせます。水やりを行うときは、新聞紙の上から水やりして乾燥させないようにします。

発芽したら新聞紙を外して間引きを行いながら育てます。

【シュンギク】の育て方!家庭菜園初心者におすすめのプランター栽培

4. 春菊(シュンギク)を上手に発芽させるには?

A. 種をまく前日に、種を「水」につけます。

シュンギクは発芽率が低い為、種をまく前日に種を水に浸ける事で発芽率が高まります。

種を水に浸けて1時間~2時間程度すると茶色いアクが出てきます。水をかえてアクを流し、一晩水に浸けっぱなしにします。翌日に水をきってから種まきを行うのがポイントです。

5. 春菊(シュンギク)は冬の霜に弱い?!

シュンギクは寒さには強いのですが、霜には弱い特徴があります。霜にあたると枯れる事もあります。その為、霜が降りる時期は防寒する必要があります。

寒冷紗を利用するか、ビニールトンネル(換気の為に穴を開ける必要有り)で覆う事で効果があります。

家庭菜園 寒冷紗 防虫ネット ビニールトンネル

6. 間引きのタイミング

発芽したら葉が触れ合わない程度に間引きを行います。

家庭菜園 間引き シュンギク

6-1. 間引きの目安

本葉が2枚~3枚出た頃に、7cm~8cm間隔に行い、本葉が5枚~6枚(もしくは草丈が5cm程度)になる頃に15cm間隔になるように間引きを行います。

間引いた苗はサラダやおひたしにすれば美味しく食べる事ができます。

7. 秋まき栽培は長期間収穫できる?!

秋まき栽培では、本葉4枚~5枚を残して収穫する事で、残した株から出たわき芽を再度収穫します。これを繰り返す事で長期間収穫する事ができます。

春まき栽培ではとう立ちが早い為、早めの収穫が大切です。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク