>ブロッコリースプラウトの育て方!家庭菜園初心者におすすめ栽培法 | 暮らしの便利!生活の知恵発見!

ブロッコリースプラウトの育て方!家庭菜園初心者におすすめ栽培法




必要な時にすぐに摘みとって食卓へ、「見て楽しい!」「食べておいしい!」とれたて新鮮フレッシュサラダが一番。お庭やベランダにて手軽に楽しめる、菜園初心者の方におすすめ野菜を紹介します。

1 「スプラウト」

・科名:アブラナ科・セリ科・マメ科など
・分類:発芽野菜
・生育期間:通年
・連作:可

1.スプラウトを上手に育てるポイント!

室内のキッチンやリビングで手軽に栽培できる人気のサラダ野菜です。発芽した新芽を食べるスプラウトは、カイワレダイコン・ラディッシュ・ブロッコリーなど栄養価の高い野菜で、菜園初心者の方にも手軽にできるおすすめの家庭菜園です。

栽培ポイント ・清潔な場所であること。
       ・乾燥させない。
       ・スプラウト専用の種を使う。

【栽培時期】
スプラウトは基本的に1年を通して栽培できます。

【種まき時期】
1年中大丈夫です。

2 容器はあるものでOK!

栽培に必要な道具は家の中にあるものでそろえちゃいましょう。

【容器】
プラスチックトレー・アルミ皿など、容器に水が入り、こぼれなければなんでも大丈夫です。ちなみに私は、100均で買ったジョウロの置物を使ってます。

【その他】
ティッシュペーパー・ペーパータオル・スポンジ位です。

2 スプラウトようの種を準備しよう

市販のいわゆる普通の種は薬品処理が施されているのでスプラウトするには難しいです。袋のパッケージなどを見て「スプラウト用」であることを確認してください。最近では容器と種がセットになったものも多いのでそれを使うと間違いはないです。

ブロッコリースプラウトは食物繊維が豊富な上に整腸作用もあり血糖値を下げたりコレステロールを減らす効果も期待できます。
最近ではテレビなどでも取り上げられ注目されているのが、「がん」を抑制する作用があるとされ腫瘍の形成を抑制し体内の解毒酵素を活性化させるといわれています。

3 種まきのポイント

種は3時間程度ぬるま湯に浸すことで沈まない種は発芽しないので取り除いてしまいましょう。

次に準備した容器の底にキッチンペーパーやスポンジを敷き、霧吹きスプレーなどで水分を持たせて種をまきます。この時に種同士が重ならないように注意し、もう一回霧吹きスプレーで水を与えましょう。

乾燥させないように、新聞紙などをかぶせておき水分が減ったら水を足してあげましょう。

冬は日当たりのいい場所
夏は明るい日陰の場所に置くことをおすすめします。
容器の底に敷いたキッチンペーパーやスポンジなど乾いていないか確認し、乾きかけていたら水をあげてください。

 4 収穫

水を欠かさずに与え続け、順調に成長すれば3日もあれば発芽しその後1週間くらいで食べごろになります。葉が成長してきたら光に当ててあげると葉が緑化し葉が開きだしたら収穫します。

ブロッコリースプラウト

根の部分を切り取りサラダとして生で食べるのが栄養価も高いのでおすすめです。

5 まとめ

スプラウトは乾燥を嫌うので水分だけはこまめに確認してください。1日で成長するのがよくわかるので「見て楽しい!」「食べておいしい!」サラダ野菜です。菜園初心者の方でも手軽に簡単に栽培できるので、ぜひ皆さんもチャレンジしてみてください。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク