>サラダ野菜の育て方!初心者におすすめプランター菜園 | 暮らしの便利!生活の知恵発見!

サラダ野菜の育て方!初心者におすすめプランター菜園




プランターで栽培できる野菜が多くベランダやお庭で栽培できます。
欲しい時にとって食卓へ! やっぱりとれたて新鮮のフレッシュサラダが一番です。「見て楽しい!」、「食べておいしい!」
おすすめサラダ野菜を紹介します。

「サラダ菜」

リーフレタスの仲間で葉にバターを塗ったようなスベスベとした質感から「バターヘッドレタス」と呼ばれることもあります。
名前の通りサラダにはもちろん、柔らかくあっさりした味わいで、ハンバーガーやサンドイッチにも最適な野菜です。軽く火を通してもおいしく食べられます。

サラダ菜の栽培ポイント

「ラディッシュ」

家庭菜園の定番サラダ野菜の一つです。短期間で育てられることから「二十日大根」とも呼ばれます。真夏と真冬以外ならいつでも栽培できる人気の野菜です。大きく2種類あり、赤・白・紫・ピンク・薄桃紫色の「カラフルファイブ」という種類、サラダに彩りを加えてくれます。もう一つは「アイシクル」とい、辛みが程よくありサラダは浅漬けに最適の細長いきれいな白色をしたラディッシュです。とれたて新鮮のままサラダとして食べるのが一番だと思います。

ラディッシュの栽培ポイント

「ベビーリーフ」(ムスクラン)

季節を問わずに1年中プランターにて栽培できます。
「ムスクラン」とは7種類ほどの野菜の種を混ぜて栽培した野菜の名称です。数種類の野菜が入っているので味、色、香り、歯触りが楽しめるのが魅力です。食べる時に必要な分だけ摘みとり、とれたてをサラダで食べるのがおすすめです。

ベビーリーフの栽培ポイント

「スイスチャード」

種まきから2,3か月で収穫でき害虫が付きにくいのが特徴であり、菜園初心者の方でも育てやすいおすすめの野菜です。赤・黄・オレンジなどカラフルな色彩が魅力の、「見て楽しい!食べておいしい!」サラダ野菜です。若い葉は生でサラダの彩りにし、大きくなった葉はおひたしや、いため物・スープに入れるのもありです。

スイスチャードの栽培ポイント

「レタス」

サラダと言ったら「レタス」というくらいサラダ野菜の代表的野菜です。レタスには数種類のタイプがあり結球する玉レタス・長卵形の半結球タイプのコスレタス・葉が巻かないリーフレタスなどがあります。リーフレタスには赤葉種と青葉種があり赤葉種はサニーレタスの名でおなじみのサラダ野菜です。新鮮な葉を摘みとりサラダやサンドイッチとして食べるのがおすすめです。初心者の方には苗からの栽培をおすすめします。

レタスの栽培ポイント

「スプラウト」

キッチンやリビングで手軽に栽培できる栄養豊富なスプラウト。
発芽したばかりの新芽を食べるスプラウトは菜園初心者にも大人気です。カイワレダイコンやブロッコリー、ラディッシュ、マスタードなど数種類の種が市販されています。ブロッコリーのスプラウトは、がんを抑制する作用があるとされ腫瘍の形成を抑制し体内にある解毒酵素を活性化させるといわれています。また、ブロッコリーのスプラウトは食物繊維が豊富で、整腸作用がありコレステロールを減らすほか血糖値を下げる効果も期待できます。
スプラウトに使う種は必ずスプラウトようのものを用意してください。容器と種がセットになったものを使うことで、初心者の方でも上手に栽培、収穫までできると思います。
根の部分を切り取って生で食べるようにサラダにすることで栄養価が高くおすすめです。

スプラウト栽培のポイント

「ルッコラ」(ロケット)

独特の香ばしい風味が魅力の葉物野菜で、鉢やプランター菜園が初心者の方にはおすすめです。種をまいてから2か月ほどで収穫でき、生のままサラダにして食べるのがおすすめですが、軽くゆでておひたしにしたり油でいためて食べても独特の香りが楽しめます。

ルッコラ(ロケット)の栽培ポイント

「まとめ」

サラダの魅力は「とれたて」、「新鮮」、「フレッシュ」です。私はどのサラダ野菜も、やっぱり生で食べるのが一番だと思っています。
みなさんも、ご自宅のお庭や、ベランダにて手軽にできるプランター菜園を楽しんでみてください。

野菜 栽培セット 選べる2個セット 野菜 家庭菜園キット 家庭菜園セット 栽培キット 園芸 ガーデニング 家庭菜園 ベランダ菜園 キット セット プランター菜園 プレゼント 誕生日 送料無料 ガーデニング雑貨

価格:3,800円
(2018/5/7 22:17時点)
感想(3件)





スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク