>冷凍保存のコツ!美味しさを保つには急速冷凍 | 暮らしの便利!生活の知恵発見!

冷凍保存のコツ!美味しさを保つには急速冷凍




スーパーで買ったり、知り合いなどから、たくさんもらったりした食材を冷蔵庫に入れっぱなしにしていると日に日に鮮度が落ちてしまいます。そんな時に「冷凍保存」が役立ちます。

鮮度の良いうちに冷凍する事で美味しさも栄養も長期間キープした状態を保てます。冷凍保存のコツさえつかめば腐らせて無駄にする事もなくなるかも知れません。

1. こんな時に冷凍保存があると便利

  • 急いでごはんを作りたい時
  • 買い物に行く時間がない
  • 食材が余ってしまった時
  • お弁当を作る必要がある時

下味をつけた食材を冷凍保存しておく事で「冷凍保存のおかず」が役立ちます。火を通すだけですぐにメインのおかずが完成します。

2. 冷凍保存のメリット

・まとめ買いによって節約になる

・調理時間を短縮できる

・美味しさと栄養をそのまま保存できる

・味がしみ込み、肉や魚がやわらかくなる

2-1. 上手に冷凍保存するコツ

食材を冷凍保存する時には、いくつかのポイントを抑えるだけで美味しさを損なわずに冷凍保存する事ができます。

2-2. 新鮮なうちに早めに冷凍

肉や野菜などの食品は日に日に鮮度が落ちてしまい、美味しさも落ちてしまいます。味を落とさない為にはスーパーなどで食材を買ったら早めに冷凍する事が大切です。

冷凍保存

2-3. 余分な「水け」はふき取る

食材に余分な水けを残したまま冷凍すると、食材同士がくっついて調理しにくくなるので、冷凍前に水けをふき取ります。下ゆでした野菜は水けをふいたり、しぼったりしてから冷凍するようにします。

2-4. 加熱したおかずは冷ましてから冷凍

加熱したおかずを冷凍する場合は、熱いうちに冷凍室に入れてしまうと時間がかかり、また他の冷凍中のおかずを溶かしてしまう可能性があります。

一度に使いきる分だけを「小分け」に冷凍保存することがポイントです。必要な分だけを取り出すことで解凍時間も少なくすみ、調理の効率も良くなります。

2-5. なるべく空気に当たらないようにする

食材が空気にあたると霜が付きやすくなり雑菌なども繁殖してしまい、肉や魚は脂が酸化して味が落ちてしまう原因にもなります。その為、冷凍用保存袋に入れたら手で空気を押し出してから口を閉じるようにします。
冷凍用保存袋や保存容器には「日付」「味つき」などの内容を記入します。

2-6. 美味しさも保つコツは急速冷凍

食材が凍るまでの時間が短いほうが良いです。

冷凍に時間がかかると食品中の氷の結晶が大きくなり細胞膜を壊してしまい、結果味が落ちてしまう事になります。早く凍らせる手助けをしてくれるのが、金属製のトレーやバットです。熱伝導率が良いので、早く凍らせる事が可能です。食材が凍ったらトレーを外すだけです。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク