>オリゴ糖は低カロリーなの?便秘改善にはオリゴ糖が効果的! | 暮らしの便利!生活の知恵発見!

オリゴ糖は低カロリーなの?便秘改善にはオリゴ糖が効果的!




便秘は女性だけでなく、男性にもなり得る事でもあります。

菌活ブームもあり、腸内環境を整える働きがあり便秘改善に効果が期待できる「オリゴ糖」が注目されています。ここではオリゴ糖の効果や種類、特徴などを紹介します。

Q1. オリゴ糖の効果・効能は?

オリゴ糖はビフィズス菌の活動を助ける効果が期待でき、主な効果として期待できるのが

  • 肌を綺麗にする
  • 便秘の予防
  • 血糖値の上昇を抑制

などが挙げられます。

他にも「虫歯の予防効果」も期待できます。

1-1. 肌を綺麗にする効果

美肌効果 オリゴ糖 効果 便秘

腸内環境を整える効果があるオリゴ糖には、ニキビや、吹き出物などの肌荒れを予防する効果や、アトピー性皮膚炎を緩和する効果も期待できると言われています。

腸内で善玉菌が増えると腸の機能が高まりアレルゲンが侵入しにくくなり、過剰な抗体の働きを抑制する作用も期待できます。

反対に腸内で悪玉菌が増えると悪玉菌が作り出す毒素によってニキビなどの肌のトラブルが起きやすくなります。

1-2. 便秘の予防効果

腸内細菌は、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つの菌があり、腸内に生息する細菌の数は一定と言われます。その為、善玉菌と悪玉菌は一方が増えると一方が減る事になります。

簡単に言ってしまえば、善玉菌が増えれば腸内環境が整い、反対に悪玉菌が増えれば腸内環境が乱れるという事です。

オリゴ糖は消化されずに腸まで届き、善玉菌にとってエサとなる為、善玉菌が増えて腸内環境が整い、便秘の予防に期待できます。

1-3. 血糖値の上昇を抑制する効果

オリゴ糖には「難消化性」というオリゴ糖があり、難消化性のオリゴ糖は低GI値食品に分類される食品です。

GI値とは食品の糖の吸収率を表す値で、GI値の高い食品は食後の血糖値の上昇が大きくなります。

調理の際に砂糖をブドウ糖に変えるだけで血糖値の上昇を抑制する効果があります。

Q2. 目的に合わせたオリゴ糖の選び方?

オリゴ糖には多くの種類があり、それぞれに効果や特徴があります。

2-1. 便秘対策に選びたいオリゴ糖

便秘対策としてオリゴ糖摂取を考えている場合には「整腸作用に優れているオリゴ糖を選ぶ」事が大切です。

オリゴ糖とは糖類であり、人の体の消化酵素では分解されにくいという性質があります。このような性質を「難消化性」と言います。糖と言えば「砂糖」が真っ先に浮かぶと思いますが、砂糖は「αグルコシタ-ゼ」と言う酵素の力によって分解されて吸収されます。

ご飯やパンに含まれているデンプンは「アミラーゼ」という成分によって分解されて吸収されます。しかしオリゴ糖にはこれらの成分(消化酵素)によっては分解されずに、腸に届く特徴があります。

2-2. オリゴ糖は低カロリー?

オリゴ糖は一般的な糖類と比べてカロリーが低いのが特徴です。

砂糖などのカロリーは1gあたりに約4kcalありますが、オリゴ糖には約半分の2kcal程度となります。

2-3. オリゴ糖を摂取する際の注意

特にダイエット目的でオリゴ糖を摂取する際には注意が必要で、オリゴ糖はカロリーが低い意外にも多くのダイエット効果を持っており、良い影響を生み出してくれます。しかしカロリーを減らす目的でオリゴ糖を摂取する場合は注意が必要です。

砂糖のカロリーに比べるとオリゴ糖のカロリーは約半分となりますが「甘みも砂糖の約半分となる」と言う事です。言い換えると、砂糖をオリゴ糖で代用したとしても本来、砂糖を使っていた時と同じくらいの甘みにしたらカロリーカットとはならないと言う事です。

ただしオリゴ糖には腸内環境を整える働きがあるのでダイエット効果には期待できると言えます。

Q3. オリゴ糖の種類は?

オリゴ糖にはさまざまな種類がありますが代表的な5種類のオリゴ糖を紹介します。

3-1. ガラクトオリゴ糖

【主な食品例】

  • 母乳
  • 牛乳 など

ガラクトースを主成分とするオリゴ糖の総称。

消化酵素によって消化されにくく低カロリーで熱や酸に強く調理中などの際に変化する事が少ないのが特徴です。その為多くの食品に利用されています。

3-2. イソマルトオリゴ糖

【主な食品例】

  • 味噌
  • しょうゆ
  • お酒
  • ハチミツ など

グルコースを構成するオリゴ糖で他の糖類に比べると熱や酸に強く発酵されにくいのが特徴です。

3-3. フラクトオリゴ糖

【主な食品例】

  • ニンニク
  • アスパラガス
  • タマネギ
  • バナナ
  • ゴボウ など

フランクオリゴ糖は消化酵素によって消化されにくいので体内に吸収されにくく低カロリーです。

ショ糖にフラクトースが結合したオリゴ糖で、くせの少ないまろやかな甘みが特徴です。

3-4. キシロオリゴ糖

【主な食品例】

  • キノコ
  • タケノコ
  • トウモロコシ など

キシロオリゴ糖は大腸まで消化されずに届くので腸内環境の改善効果が期待できます。特に肌荒れや便秘、アレルギー症状の改善に効果が期待できます。

3-5. 乳果オリゴ糖(ミルクオリゴ糖)

【主な食品例】

  • 乳製品

乳果オリゴ糖は消化されずに腸まで届きやすく、ビフィズス菌の増殖を手助けしてくれるのが特徴です。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク