>富士登山 2018年 登山時期は?登山ルートの特徴は? | 暮らしの便利!生活の知恵発見!

富士登山 2018年 登山時期は?登山ルートの特徴は?

日本一の山である富士山、一度は山頂まで登ってみたいという方も多いのではないでしょうか?私も過去に2回挑戦し、2回とも無事に山頂まで登りきることができたので、その経験を記事にまとめてみました。

Q1-1. 富士登山できる時期は?

富士山の山開きを、心待ちにしている方も多いのではないでしょうか?富士登山には4つの登山ルートがあり、すべてのルートが同じ日に開かれるわけではないので注意してください。

下山ルートはすべて同じ日に閉鎖されます。

1-2. 富士山の開山時期「2018年」

  • ルート       開山時期2018年
  • 吉田ルート     7/1  0:00~9/10
  • 須走ルート     7/10  9:00~9/10  
  • 富士宮ルート      7/10  9:00~9/10
  • 御殿場ルート    7/10  9:00~9/10

参考:富士登山オフィシャルサイト

Q2-1. 富士山の登山ルートは?

富士登山には4つの登山ルートがあり、それぞれに登山口(スタート地点)が違うので確認が必要です。

  1. 吉田ルート : 富士スバルライン五合目
  2. 須走ルート : 須走口五合目
  3. 富士宮ルート : 富士宮口五合目
  4. 御殿場ルート : 御殿場口新五合目

2-2. 登山道の注意点

登山ルートの標識やデザイン、色など統一されています。

4つの登山ルートは、それぞれの標識で表示される色が決まっています。自分が登る登山コースの色を覚えておき、分岐点などで間違って別ルート登らないように注意が必要です。

Q3-1. それぞれの登山ルートの特徴は?

3-2. 吉田ルート

登山時間(目安)

・登り:約6時間  下り:約4時間

登山道と下山道 

・登山道と下山道は完全に別のルートを通ります。

・本八合目~山頂までの区間は登山道、下山道ともに須走ルートと共用する為、混雑する事が予想されます。

登山者数(平成29年夏)

・172,657人

山小屋の有無

・登山道には山小屋は比較的多いのですが、下山道には山小屋は無い

救護・救助体制

・五合目(登山期間中)  七合目と八合目(登山期間中)

登山口までのアクセス方法

・河口湖駅と富士山駅から登山バス(富士スバルライン経由)が多く出ています。

マイカー規制もありますので期間中は、山梨県立富士北麗駐車場からシャトルバスを利用します。

他の登山ルートと比べて道が整備されており歩きやすいです。初めて富士登山する方などに大変人気のルートです。その代わり、お盆などの時期は大変混雑するルートです。

3-3. 須走ルート

登山時間(目安)

・登り:約6時間  下り:約3時間

登山道と下山道 

・登山道と下山道は完全に別のルート(一部区間は同じルート)を通ります。

・本八合目~山頂までの区間は登山道、下山道ともに吉田ルートと共用する為、混雑する事が予想されます。

登山者数(平成29年夏)

・23,475人

山小屋の有無

・各合目ごとに山小屋があります。

救護・救助体制

・救護所はありません。

登山口までのアクセス方法

・御殿場駅から登山バス(ふじあざみ経由)が出ています。

マイカー規制もありますので期間中は、須走多目的広場臨時駐車場からシャトルバスを利用します。

富士登山 吉田、須走、富士宮、御殿場

八合目~山頂まで「吉田ルート」と合流する為、お盆などの時期は大変混雑するルートです。また、七合目~下山までは、砂地区間が多く足が砂の中に埋まりながら下山するイメージです。

3-4. 富士宮ルート

登山時間(目安)

・登り:約5時間  下り:約3時間

登山道と下山道 

・登山道と下山道は全て同じルートを通ります。

登山者数(平成29年夏)

・70,319人

山小屋の有無

・各合目ごとに山小屋があります。

救護・救助体制

・八合目(一部登山期間中):富士山衛生センター

登山口までのアクセス方法

・御殿場駅、新富士駅、三島駅から登山バス(富士山スカイライン経緯)

マイカー規制もありますので期間中は、水ヶ塚公園駐車場からシャトルバスを利用します。

他の登山ルートと比べると登山距離が一番短く、剣ヶ峰が近い事から人気の登山道だと言えます。登山の基本は上りが優先で、下山者は上ってくる方の合間を見ながら下山するようにします。

3-5. 御殿場ルート

登山時間(目安)

・登り:約7時間  下り:約3時間

登山道と下山道 

・登山道と下山道は別ルート(七合目より上は同じルート)を通ります。

登山者数(平成29年夏)

・18,411人

山小屋の有無

・大石茶屋(新五合目)~七合目まで山小屋は無し。

救護・救助体制

・救護所はありません。

登山口までのアクセス方法

・御殿場駅から登山バス(一般道経由)があります。

マイカー規制はありません。

他の登山ルートと比べると登山距離が長いのと、山小屋が少ない為、「中・上級者向きルート」と言えます。登山者も少ないので渋滞する事は無いと思って大丈夫です。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク