>ニンニクの育て方!家庭菜園初心者におすすめプランター栽培 | 暮らしの便利!生活の知恵発見!

ニンニクの育て方!家庭菜園初心者におすすめプランター栽培

ニンニクの育て方、プランター栽培




初心者の方にニンニクをプランターで栽培する為の準備するものから、植え付け時期・収穫・栽培ポイントを写真やイラストを使ってわかりやすく丁寧に紹介します。

1.ニンニク栽培の特徴

ニンニクは家庭菜園でプランターを使って育てる事の出来る野菜です。ビタミンB1・タンパク質・炭水化物・抗血栓作用があるスコルジンなどが含まれています。また、抗菌作用があり疲労回復・冷え性防止などの効果があるとされる栄養満点の健康野菜です。

・科名:ユリ科
・分類:葉茎菜
・別名:オオビル
・生育期間:秋~春
・連作:可

1.ニンニクを上手に育てるポイント!

冷涼な気候を好む病害虫に強い野菜なので菜園初心者におすすめです。

【栽培環境】
生育適温も同じく10℃~20℃で、
25℃以上で発芽率が低下します。

【プランター・鉢】
プランターサイズは標準サイズ(60㎝)を利用します。深さは15㎝くらいあれば大丈夫です。

【植え付け時期】
9月上旬~11上旬

【収穫】
翌年の5月頃~6月頃

食べ過ぎに注意?!【ニンニク】の栄養素や効果・口臭対策

2.プランター栽培で準備するもの

ニンニク プランター 家庭菜園 準備

  1. プランター
    標準(60㎝)サイズを利用します。
  2. 鉢底石(赤玉土)
    水はけを良くするためどちらか1つ必要です。
  3. 培養土
    野菜用培養土(園芸用培養土)
  4. 種・苗
    種球を利用します。
  5. 苦土石灰
    土づくりに必要です
  6. 移植ごて(スコップ)
    土を混ぜたりするときにあると便利です。
  7. ジョウロ(霧吹きスプレー)
    水やりには欠かせない道具です。
  8. 肥料(化成肥料)
    野菜の成長を促進させる為。
  9. 防虫ネット
    虫が苦手な人にはあると便利です。
  10. 楽しむ心!絶対必須です。
    これが一番大事です。

3.ニンニクを育てよう!

1.プランターに鉢底石(赤玉土)をいれよう!

準備したプランターの底が見えなくなる程度に平らに鉢底石(赤玉土)をいれます。
・移植ごて(スコップ)を使って平らにします。
・プランターを揺することでも平らになります。

プランター

2.培養土を入れよう!

鉢底石(赤玉土)を敷き詰めたら次に野菜用培養土(園芸用培養土)をウォータースペースを残しつつプランターの6分目辺りまでいれてください。移植ごて(スコップ)を使い平らになるようにしてください。

種球を植え付けた後に「まし土」を行い最終的にウォータースペースを2~3㎝程度残るようにします。

ニンニクは酸性の土を嫌う野菜なので「苦土石灰」を軽く一掴み程度入れてプランターの中の培養土と十分に混ぜ合わせてください。

プランター 培養土
ウォータースペースとは=水やりの際に土の中に水を染み込ませる為の一時的に水を溜める空間の事です。水と一緒に土が流れ出ないようにする為にプランターの上部から2~3㎝程度空けるように培養土を入れます。
ウォータースペース
プランターを置く場所は半日陰がおすすめです。
半日陰=(はんひかげ)1日に3~4時間程度日が当たる場所。もしくは寒冷紗などで遮光した場所です。

3.種球の準備ポイント!

ニンニクは9月頃になるとホームセンターや園芸店などで販売され始め、種球の植え付けは9月頃で翌年の春~初夏に収穫をめざします。

 種球は病害の無い大きめの物を選びましょう。

 全体を包んでいる外皮をはがし、1片ずつに分けます。

 痛んでいるものや腐っているもの、斑点が多いものなどは植え付けないようにしましょう。

4.種球を植え付けよう!

 分けた1片ずつをそれぞれ包んでいる外皮は、はがさないようにしながら、とがっている方を上にして1つずつ植え付けます。

 深さが5㎝程度になるように植え付けます。

 株間は10㎝程度空けるようにしてください。

家庭菜園 株間

④ 種球を植え付けたら5㎝程度土をかぶせて軽く手で押さえてください。

ニンニク 種球 植え付け方 プランター

種球の植え付けは必ず、とがっている方を上向きにして植え付けましょう

4.水やりのポイント!

家庭菜園 水やり

種を植え付けたらプランターの底から水が染み出るくらいたっぷり水をあげましょう。

1.水やりのよくある失敗パターン

水やりの際に初心者の方に多い失敗パターンが、全ての野菜にいえる事ですがズバリ!水不足ではなく、水のあげすぎによる根腐 れです 私も初めて家庭菜園をしたときに失敗をしてしまいましたが過保護になりすぎてしまい「水はたくさんあげればあげるほどいい!」と思い込み、1日に何回も水やりを行って根腐れを起こしたようでまったく成長しませんでした。

「土が乾いてる時間も野菜にとって必要で成長する大事な時間」だということです。「ほどほどに」が大切です。

5.追肥(肥料)のタイミング

化成肥料 追肥

化成肥料か液肥を与えます。

暖地では年内に1度追肥を行いその際に土寄せも行います。
雪が多い地方では雪解け後と4月頃に追肥と土寄せを行います。

春頃になるとつぼみ(花茎)が出てくるので、つぼみ(花茎)の部分を手で摘み取るようにしましょう。摘みとったつぼみ(花茎)の部分は、いわゆる「芽ニンニク」なので食べる事ができます。

6.害虫対策

ニンニクには特有のにおいがあり防虫剤の効果があります。なので害虫に関して特に気にすることもないと思います。

7.収穫のタイミング

ニンニク 収穫
下葉が枯れ始めて、半分ほどの葉が黄色くなってきたら収穫のタイミングです。収穫後は5~10球ずつ束ねて風通しの良いところに吊るして乾燥させます。
早く収穫しすぎると貯蔵性が悪く、収穫が遅くなりすぎても裂球の原因になります。梅雨になると土の中のニンニクが腐ってしまうので梅雨前までには収穫を終わらせましょう。

8.ニンニク栽培のまとめ

【ニンニクの栽培ポイント】
  • 種球の植え付けはとがっている方が上向きになるようにします。
  • 春頃に、つぼみ(花茎)を摘みとるようにします
  • 収穫するタイミングは葉が半分以上枯れてから収穫します。
  • 水やり・肥料は「ほどほどに」です。
なにより一番は楽しんで家庭菜園を行うということです。
「見て楽しい!」・「食べておいしい!」ニンニクを皆さんもぜひ育ててみてください!




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク